資格は必須|医療事務講座を受ければ夢を叶えられる|諦めないことが大事

医療事務講座を受ければ夢を叶えられる|諦めないことが大事

女性

資格は必須

相談

新卒者の活躍

国家資格の取得が就・転職する上で必須となる言語聴覚士の合格率は、既卒者を含めると60%台です。新卒者の合格率は80%超えで、他の国家資格よりも難易度も低い特徴が挙げられます。とある団体の調査によれば、言語聴覚士の学校に通って職業として活躍する年齢比は20代で全体の約30%となり、専門学校での学びを活かし、即戦力として活躍しています。指定の養成施設での教育の他、大学で指定科目を履修するなど、受験資格を得る道は大卒後にも可能です。教育として、言語・音声学・心理学など、言葉や音声の仕組み、人の心を読み解くための心理的問題にも取り組む内容です。言語障害には難聴や言葉の発達の遅れがあるため、高齢者のみならず、子供との携わりも挙げられます。コミュニケーションの取り方までが学校では指導され、障害者に寄り添える人材に養成してくれます。

資格取得に向いている

認知度は未だに低いものの、資格として社会性で注目されているのが言語聴覚士です。近年、医療業界で必要性が指摘されている背景として、脳血管障害などの言語障害を抱える患者数が右肩上がりに増加しているためです。言葉でのコミュニケーションが困難な人の思いを察する洞察力が、言語聴覚士には求められる他、医療系の専門学校では豊かな人間性まで育ててくれます。医療に従事した経験、スペシャリストが講師として指導にあたるため、活躍するにも向き不向きまでも図ってくれます。例えば、言語障害の治療・回復ヘ繋げる機能訓練は、長期間の継続が必須です。粘り強い患者の意志が必要ですが、同じく負けん気のある性格の人に向いているのも資格取得する学生に言える内容で、気持ちまでも育める関係で指導してくれます。